制作講座 手作り”癒やしの行灯”

LEDでムーンライト(行灯)を作ろう!

                   

橙(色)は古来から縁起がよい、魔物を寄せ付けないものと代々伝えられて

きました。カラフルな光の世界を演出するLED電球、檜材と和紙で組み立て

る本格的な照明器具です。お部屋のインテリアとして、防犯・夜間の誘導灯

としても活躍するハイテク行燈です。

しあわせを呼ぶ“癒しのムーンライト”を、ご家族でお楽しみください。

 

受講料:無料

〇材料費:LED電球、ソケット、檜材、和紙等 1,600円

○製作時間:約3時間要します。

〇申込み及びお問合せ

①お電話、メールで直接お問い合わせください。

②都道府県区市町村の人材バンク・講師登録参照の上、お問い合わせください。

③数名の参加でも可能です。教室の確保等を責任者はお願いします。

〇用意するものー筆記用具のみ 

 

 耳寄りの情報お値段は、類似品で販売されている価格より超経済的安価です

 ◆品質・オリジナリティでは販売されている類似品に劣りません◆LED電球は、

 8色のスッキプ変化とタイマー内蔵、消費電力も超経済的です◆工夫次第によ

 ってはお子様の自由研究にも◆時にはデナーに、寝室に、学習スタンドに使え

 ます。

 

 

 

体験者感想コラム

羽村市在住 主婦75歳 LEDの行燈と聞いて、どんなものかと期待と不安で参加

した。部品は良く出来たもので組み立てるのに苦労したけど、完成して電球に灯

を灯すととってもいい感じだった。これなら廊下のトイレの前に置いておけば夜

中安心だと思った。ブンセイさんいい贈り物ありがとうね。

羽村市在住 主婦〇〇歳 どうせ子どもの「おもちゃ」なんだろう?と思いなが

ら息子と参加しました。はじめて実物を見た時「これはおもちゃじゃないな」と

息子が言いました。柱を真っ直ぐに固定し、ネジでLEDソケットを取り付け、

ても私一人では完成できなかったかもしれません。綺麗な和紙を巻いてピシッ

張られた行燈は、まるで芸術作品のように凛としていました・・・。

拝島市在住 男性43歳 スマフォで見て参加しました。作業段階で柱が固定され

る時間が勝負でした。四角四面垂直に固定するには、自分の目と感だけを頼るし

りませんでした。これはいいですね。絵を替えられて、その映し出された世

界は、だか家庭を明るくしてくれるような気がしました。見本のように、夜遅

く帰宅し玄関を開けた時、子どもの笑顔がホンノリと出迎えてくれて嬉しいです。

瑞穂町在住 主婦&OL44歳 防犯に役立つとネットに書かれていましたので、安

い買い物かな、と思って参加しました。作業は意外と面倒だったけど手先が器用

なので簡単に作れました。写真のように私の家の玄関の出窓に置きます。薄っす

らとしたオレンジ色の光がいいですね。

 

制作タイムスケジュール(おおよその作業内容です)

  00:00 12本の角材を天板と下板に合わせて、バランスを見る。

      (希望者は、お好みの長さに切ることも可能)

       下底板に、ソケットをネジで固定する。

  00:30 10本の角材を天板と下板にボンドで固定する。

      *10本の柱を可能の限り垂直に立て、完全に乾くまで待つ! 

  01:00 和紙を行灯のサイズにカットする。

       行灯の正面に和紙を合わせ、ノリシロを作る。

       行灯正面の部分だけ、ノリを付け貼り付ける。

      *完全に乾くまで待つ!

      *リモコンの操作確認をする。

  01:30 行灯本体の左右に和紙を貼る。

 02:00 最後に行灯後面の柱をボンドで固定し、和紙を貼る。

    (柱を固定せず和紙だけを貼ることもできる)

 02:30 別の予備の和紙に、絵や文字を描く。

 03:00 完成!

 

 

LED電球の機能について

 ①赤色から青色に至るまで、多彩な色の変化を楽しめます。

   また、各色単独で点灯、サイクル点灯も可能です。

 ②光量(明るく、暗く)も調節可能です。

 ③タイマー付きなので、夜間の所用に安心・安全点灯・消灯できます。

   ④上記の操作は、すべてリモコンで操作します。

 ⑤電気代は年間数百円程度です。

⑥故障があっても行燈と本体の器具の点検ができます。                                                                                                                            

 

夜のとばりが降りる頃、

玄関には優しい行燈の

光が灯る。

赤・青・黄色と光の祭典が、

楽しめるLED電球。故障しても

アフターケアが万全です。

時には水墨画で、

季節にあった野菜や

花模様も楽しめます。